Skip to content

━ 歴史文化をもっと身近にもっと楽しく━
               Kataranne

 

掲載期間を延長いたします⇒4/10ぐらいまで

本を読んだり、いろいろと思考を深めたり。
くれぐれもお大切にお過ごしください。
セミナーをお楽しみいただければ幸いです。(3/26付)

 

<講座を掲載しました> 祝・県指定。急きょ関連講座を掲載いたしました
3/18(水)「朱」から見える古代の風景
 ―城野遺跡とまわりのクニグニ―(佐藤浩司氏)


<講座を掲載しました> 掲載は以上とさせていただきます
3/08(日)敦煌(西谷正氏)
3/08(日)シルクロード-オアシスの道「西域における漢の文化」(西谷正氏)
3/05(木)一支国カラカミ遺跡にみる最先端の“モノづくり”
 ―加工で高めた鉄製品の付加価値と交易ネットワーク―(松見裕二氏)
2/29(土)阿蘇のリモナイトと弥生製鉄の可能性
 ー阿蘇盆地出土の多量の弥生鉄器は何を語るのかー(松井和幸氏)
2/27(木)シルクロード-草原の道「パジリク王墓の発掘-ロシア」(西谷正氏)
------------------------------------------------

 

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
各地の講座中止や休館のあいだ、
せめて、生の声、生のお話で、講座をお楽しみください。
講師のご厚意で、昨年の講座を掲載いたします。(音声とテキストのみ)
講座へ直接ご参加くださった皆さま、
こういう時ですのでご了承いただきたく
勝手を申しますがご寛容のほどお願い申し上げます。ありがとうございます。

 

■3月末までの期間限定です
■URLをご存知の方がおいで頂けるページです
(HPメニューやFacebookには出していません)
■SNSへの掲載など不特定多数へ拡散するのはご遠慮ください
 講師資料を公開頂いておりますゆえ、ご理解いただければ幸いです

 

======================

<文化財で楽しむ九州アジア倶楽部2019>
【学ぶin九州】
鉱物資源からみる交易と歴史 第4弾  
「朱」から見える古代の風景
 ―城野遺跡とまわりのクニグニ―

【講師】佐藤浩司氏
 (北九州市芸術文化振興財団 埋蔵文化財調査室 室長)
【日時】2019年8月18日(日)
【会場】松楠居

   70㎏もの水銀朱!!   

祝、福岡県指定!

紆余曲折、二転三転を経た県指定、
関係者の皆様に敬意を表します。
弥生時代の九州最大級の方形周溝墓にして、
2基並べられた子供用の石棺には、
水銀朱が塗られたどころか分厚く敷き詰められ、
中国の書物にみる「方相氏」ではというものが描かれ、
集落には玉づくり工房もあって…

と、書ききれないほど興味深い遺跡です。

『魏志倭人伝』に名は記されていないけれど、
空白地帯の北九州市エリアに、
クニが無かったはずはないのでは、
という話とあわせ学びますと、面白さが倍増いたします。
現在の企救は、当時の「聞国」(キクコク)ではないのかと。
城野遺跡と周囲のクニグニ、
「朱」を切り口にした興味深く華やかなお話です!

*NHK北九州局のローカルニュースは こちら 
  (NHKサイトへ外部リンクします)

 

■テキストのダウンロードはこちら ↓
 「朱」から見える古代の風景(佐藤浩司氏)

■セミナー音声はこちら(前半35分、後半40分) ↓
 冒頭10分の動画を流していただきましたが、動画は割愛し、
 その後の講座部分からの音声となっております。

 

======================

<文化財で楽しむ九州アジア倶楽部2019>
北東アジアの古代に迫る―日本古代史との接点を求めて―
第3回  敦煌

【講師】西谷正氏(海の道むなかた館長・九州大学名誉教授)
【日時】2019年8月17日(土)
【会場】品川インターシティ 会議室

 日本海側の古墳が語ることは 

西谷正先生に、
「敦煌」だけ、でご講義いただいた贅沢な時間です。
交通の要衝ゆえのめまぐるしく主人が入れ変わる歴史、
敦煌莫高窟や西千仏洞、長城や玉門関、
城郭や古墳まで、たっぷりと。
テキスト最終ページの
「日本海域の三つの古墳」は興味をひかれます。

<『古代学研究』へのご寄稿>
隅三角持ち送り天井、T字型石室、から、
どんな繋がりを推察できるのか。
・須曽蝦夷穴古墳(能登の七尾市)
・八幡山5号墳(兵庫県村岡町)
・矢立山2号墳(対馬市)
ここから“敦煌”が立ち上ってくるとは…!

 

■テキストのダウンロードはこちら ↓
 敦煌(西谷正氏) 

■セミナー音声(100分)はこちら ↓
 後半の写真スライドはございません。ご了承ください。

 

======================

<文化財で楽しむ九州アジア倶楽部2019>
北東アジアの古代に迫る―日本古代史との接点を求めて―
第5回 シルクロード-オアシスの道-
 「西域における漢の文化」

【講師】西谷正氏(海の道むなかた館長・九州大学名誉教授)
【日時】2019年12月14日(土)
【会場】品川インターシティ 会議室

 車師前国 交河城址の壮大さ! 

烏孫の墳墓群が多く残る地域。
現在の新彊ウィグル自治区トルファン。
ここに残る交河城址、ヤールホト墳墓群の、
想像を絶するダイナミックさ。
出土物から見える前漢の影響。
前に読んだあの小説この小説の世界に
迷い込みそうです。


この続き、第6回「西域における唐の文化」は
講座を延期させて頂きまだ開催しておりません。
時をみて再度日程を設定いたします。(in東京)

 

■テキストのダウンロードはこちら ↓
 シルクロード-オアシスの道「西域における漢の文化」(西谷正氏) 

■セミナー音声(90分)はこちら ↓
 後半の写真スライドはございません。ご了承ください。

 

======================

<文化財で楽しむ九州アジア倶楽部2019>
【学ぶin九州】
鉱物資源からみる交易と歴史 第6弾  
一支国カラカミ遺跡にみる最先端の“モノづくり”
―加工で高めた鉄製品の付加価値と交易ネットワーク―

【講師】松見裕二氏
 (壱岐市教育委員会社会教育課 文化財班係長・学芸員)
【日時】2019年10月12日(土)
【会場】松楠居

  原の辻:カラカミ=政界:財界!?  

講師は、カラカミ遺跡の現場を誰よりも知る松見裕二氏。
一支国の「鉄」から浮かび上がった新たな発掘成果とは。 「何でもかんでも原の辻に集めていたわけじゃない。
原の辻とカラカミで交易ルートが、
つまりお得意様が違っていたことが分かってきた。」 鉄にどのような付加価値をつけ流通させたのか。
原の辻とは違う、どんな交易ルートを持っていたのか。 玄界灘に浮かぶ壱岐の、製鉄遺跡「カラカミ」。
発掘現場で直に伺ったお話があまりに興味深く、
ぜひにとお願いしてご登壇いただきました。
カラカミ遺跡に絞ったご講演は初めてだそうです。 政治と経済は別という話。
とにかく面白いです!

 

■テキストのダウンロードはこちら ↓
 松見裕二氏プロフィール & テキスト8P
 カラカミ遺跡にみる最先端の“モノづくり”_パワポ(松見裕二氏)

■セミナー音声はこちら(100分) ↓
 メモ用の録音でお聞き苦しい部分も多いこと、ご容赦ください

 

======================

<文化財で楽しむ九州アジア倶楽部2019>
【学ぶin九州】
鉱物資源からみる交易と歴史 第3弾
 阿蘇のリモナイトと弥生製鉄の可能性
―阿蘇盆地出土の多量の弥生鉄器は何を語るのか―

【講師】松井和幸氏(北九州市立埋蔵文化財センター次長)
【日時】2019年7月6日(土)
【会場】松楠居

 弥生時代に製鉄はなされたのか!? 

講師は、北九州市立埋蔵文化財センターの松井和幸氏。
いま最も注目される「古代の鉄」専門家のお一人です。 近年、阿蘇山で弥生時代の鉄器が大量に出て注目されていますが、
これはいったいどういうことなのか。

松井先生の持論は、ずばり、

  弥生時代に
  倭人が
  自前の鉄精錬をしていた

1995年、広島県で3世紀の製鉄を思わせる炉跡がでて、日本中をにぎわせました。
その時、松井先生は広島県文化課で調査のど真ん中にいらしたのです。
朝から一日中、電話が鳴りっぱなしの、「長い一日」の生々しいお話も伺います。

*魏志倭人伝にみえる「鉄鏃」の記載
*中国古代国家・商~春秋戦国時代の変遷
*韓国密陽市(金海の北、加耶エリア)の製鉄遺跡
*日本列島の製鉄炉の出現
*様々な現場写真や比較
*様々な各地の鉄の武器・道具類

など贅沢な資料満載。それらを俯瞰しつつ、

「なぜ鍛冶技術があるのに製鉄技術が登場するのを700年待たねばならないのか」

という問いに、引き込まれる時間です。

 

■テキストのダウンロードはこちら ↓
 パワーポイントをPDFにした為に省略された部分があります
 松井和幸氏プロフィール
 阿蘇リモナイトと弥生製鉄の可能性_パワポ(松井和幸氏)

■セミナー音声はこちら(前半65分・後半30分) ↓
 メモ用の録音でお聞き苦しい部分も多いこと、ご容赦ください

 

======================

<文化財で楽しむ九州アジア倶楽部2019>
【学ぶin東京】
北東アジアの古代に迫る―日本古代史との接点を求めて―
第4回 シルクロード-草原の道-
「パジリク王墓の発掘-ロシア-」

【講師】西谷正氏(海の道むなかた館長・九州大学名誉教授)
【日時】2019年10月5日(土)
【会場】品川インターシティ 会議室

■テキストのダウンロードはこちら ↓
 シルクロード-草原の道「パジリク王墓」(西谷正氏)

■セミナー音声(83分)はこちら ↓
 後半の写真スライドはございません。ご了承ください。

 

Scroll To Top