Warning: file_get_contents(/home/matsusonam/kataranne.com/public_html/wp-content/plugins/pods/components/Builder/modules/view/images/sidebar_2_left1.gif): failed to open stream: No such file or directory in /home/matsusonam/kataranne.com/public_html/wp-includes/init.php(265) : runtime-created function on line 1

Warning: gzinflate(): data error in /home/matsusonam/kataranne.com/public_html/wp-includes/init.php(265) : runtime-created function on line 1
阿蘇のリモナイトと弥生製鉄の可能性 - かたらんね Skip to content

阿蘇のリモナイトと弥生製鉄の可能性 —阿蘇盆地出土の多量の弥生鉄器は何を語るのかー

2019/7/6(土)

いま熱い話題です。

——————————-
倭人が自前で製鉄をするまでに、
輸入原料の加工技術を得たのち
本当に700年もかかったのか?
——————————-
という問いに引き込まれる時間です。

講師の松井和幸氏(北九州市埋蔵文化財センター)は、
いま最も注目される「鉄」の専門家の一人でいらっしゃいます。

松井先生の、
「弥生時代に倭人の鉄精錬はあった」
という説を、たっぷりと拝聴できる楽しみかつ貴重な機会です。

■■■
1995年、広島県で3世紀の製鉄を思わせる炉跡がでて、
日本中をにぎわせました。
その時、松井先生は広島県文化課で、調査のど真ん中にいらしたのです。

朝から一日中、電話が鳴りっぱなしだった「長い一日」の、
生々しいお話も伺います。

弥生時代の製鉄遺跡。三原市 小丸遺跡の円形炉

 

■■■
日中韓の贅沢な写真資料も見応えたっぷり。

◎魏志倭人伝にみえる「鉄鏃」の記載
◎中国古代国家・商~春秋戦国時代の変遷
◎韓国密陽市(金海の北、加耶エリア)の製鉄遺跡
◎日本列島の製鉄炉の出現
◎様々な現場写真や比較
◎様々な各地の鉄の武器・道具類

など。

 

 

近年、注目されている、阿蘇で多量に出土している弥生の鉄。
これが何を意味しているのか…。

どうぞこの機会をお見逃しなく。
目の前の遺跡を見る目が変わるかもしれません!

(ご了承いただき資料の一部を掲載します。転載ご遠慮ください)

講師紹介

松井和幸(写真)

松井和幸(まつい かずゆき)氏

1955年、富山県生まれ。広島大学大学院文学研究科博士前期(考古学専攻)修了。博士(文学)。(財)広島県埋蔵文化財センター、北九州市立いのちのたび博物館歴史課長を経て、2019年より北九州市立埋蔵文化財センター次長。東アジアの前近代鉄文化を中心に研究し、近年は阿蘇リモナイトから弥生時代製鉄の可能性を模索している。

開催日

2019/7/6(土)

開催時間

14:00〜16:00

会場

「松楠居(しょうなんきょ)」(大名)

会場地図
Scroll To Top