Warning: file_get_contents(/home/matsusonam/kataranne.com/public_html/wp-content/plugins/pods/components/Builder/modules/view/images/sidebar_2_left1.gif): failed to open stream: No such file or directory in /home/matsusonam/kataranne.com/public_html/wp-includes/init.php(265) : runtime-created function on line 1

Warning: gzinflate(): data error in /home/matsusonam/kataranne.com/public_html/wp-includes/init.php(265) : runtime-created function on line 1
馬門石と大王のひつぎ - かたらんね Skip to content

馬門石と大王のひつぎ

2019/6/1(土)

<終了しました>

「馬門石と大王のひつぎ」。

まかどいし、とは、ピンク石。
そう、あの、継体天皇のピンク石の石棺で有名です。

近畿を中心に14例しか確認できていない特注品です。

*訂正追記:
 馬門石はピンクだけではなく灰色など他の色もあります。
 下の講座資料で色の違いもご覧ください

 

今回は「馬門石」を切り口に当時に迫ります。
産地の熊本県宇土市の文化課より、藤本貴仁先生においで頂き、臨場感あふれる現場ならではのお話を学びます。

写真もどうぞお楽しみに!

◎石切り場
◎馬門石の色や種類
◎船着き場との位置関係
◎近畿の石棺
◎肥後の古墳に使われた様子

などなど、ワクワクしますよ!

さらには、

近畿に残る阿蘇溶結凝灰岩の石棺の分析から、
宇土以外にも産地が2ヶ所あることが分かっている、と。

当時の豪族同士の背後関係までがみえてくるでしょうか!?
それとも、石棺の、あるいは力関係の、松竹梅?
…などの初心者の疑問も解決できますでしょうか。

馬門石 大王のひつぎ 継体天皇のピンク石の石棺

馬門石 ピンク石 

馬門石 ピンク石 石切り場 船着き場

 

———————–
当日は受講者全員に、
カードサイズの解説を付けた
馬門石のサンプルを配布くださるそうです。
楽しみですね。
————————-

(ご了承いただき資料の一部を掲載します。転載ご遠慮ください)

講師紹介

藤本貴仁氏

藤本貴仁(ふじもと たかひと)氏

1975年、熊本県八代市生まれ。宮崎大学教育学部(人文社会課程考古学専攻)卒業後、宇土市教育委員会にて文化財調査・保護業務に従事。古墳時代に畿内等の 有力豪族の石棺が製作された馬門石石切場跡の発掘調査を担当し、古墳時代の石切場跡を特定。2005年の「大王のひつぎ実験航海」事業にも携わった。現在、古墳時代の土器製塩も研究中。

開催日

2019/6/1(土)

開催時間

14:00〜16:00

会場

「松楠居(しょうなんきょ)」(大名)

会場地図
Scroll To Top