阿蘇のリモナイトと弥生製鉄の可能性 —阿蘇盆地出土の多量の弥生鉄器は何を語るのかー

2019/7/6(土)

講師紹介

松井和幸(写真)

松井和幸(まつい かずゆき)氏

1955年、富山県生まれ。広島大学大学院文学研究科博士前期(考古学専攻)修了。博士(文学)。(財)広島県埋蔵文化財センター、北九州市立いのちのたび博物館歴史課長を経て、2019年より北九州市立埋蔵文化財センター次長。東アジアの前近代鉄文化を中心に研究し、近年は阿蘇リモナイトから弥生時代製鉄の可能性を模索している。

開催日

2019/7/6(土)

開催時間

14:00〜16:00

会場

「松楠居(しょうなんきょ)」(大名)

会場地図